お知らせ

  • HOME>
  • お知らせ>
  • 整体院だけど子供達に学校で教わらない社会・・・

整体院だけど子供達に学校で教わらない社会人に大切なことも教えています。

2021/07/12

山口県光市の整体院「筋肉リミッター開錠術あしすと」代表の内田です。

エンジニアのサラリーマンをしていた頃、若手の育成を任されていた経験のある、あしすと院長です。

当院は、整体院だけど、子供達に学校では教わらない社会人に大切なことも教えています。

社会人にとって大切なこととは?

日々の習慣(当たり前)の違いです。

多くの子供達は、学校での習慣の延長で社会に出ていくと思います。

社会人になる前に、学校で、そのための準備がある訳でもなく。

教育が徹底している会社であれば、入社後、まもなく、教育が実施されますが、

それでも、不十分だったりするから、離職者が多かったりします。

離職者が出る理由は明確です。

社会人なりたての人が思い描いていた理想とのギャップがかけ離れてるから。

思ってたのと違う。という問題が起きている訳です。

その理想のギャップを埋めるためにどう考えることが大切なのか?

大切なのは、考え方です。

下の写真は、メジャーリーガーの大谷翔平選手も、高校生時代に使っていたという「マンダラチャート」

プロ野球選手になったからといって、一生、プロ野球選手ではないと思います。

引退がやってきます。

プロ野球選手になることばかり意識がいってて、引退後の未来を考えることができていない選手も多いと聞きます。

引退後、どん底人生になっている人が多い理由です。

それを学生の時から、準備をしておくことが大切だと思うからこそ、

あしすと院長も、マンダラシートを使って、

子供達自身が、明るい未来を掴んでいけるように、大切なことを教えています。

そして、これを活用していくには、器の拡張も必要不可欠です。

子供達が自ら、自身の器を拡張していけるようなお手伝いもしています。

考え方が変われば、人生はより良いものに変わります。

明るい未来を担っていけるリーダーを育て、増やしていくことが、日本の明るい未来につながると思うからこそ、

未来を担っていく若者の可能性支援を大切にしている整体院なのです。

※このサービスは、スポーツ整体の新プログラム、

新・ハイパフォーマンスパックコースで付加サービスとして実施しているものです。

WEB予約

LINE登録は
こちら

0833-48-8475

WEB
予約

LINE登録は
こちら